スポンサーリンク

未分類

【学生向け】株を始める準備と勉強方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学生のうちから株式投資は始められるの?

こんにちは、えだまめです。

僕は株式投資について、大学生の時に興味をもちました。「学ぶより先に行動」する僕は勉強する間もなく、証券口座を開設し、まずは株式に触れてみたいと思い、実践から経験しました。時には、株で大きく損をし痛い目をみることもありましたが、経験と書籍からの知識でなんとか軌道に乗りつつあります。

 

今回は僕のように「早期から株を始めたい」と思っている方へ記事を書いてみました。

それでは本題です。

株を始める準備と勉強方法

  • まずは何を勉強すべきか?
  • どこまで勉強し、いつ実践すれば良いのか?
  • 初心者には、どこの証券会社で口座を開設したら良いのか?

今回の記事ではこのような疑問に関して解決できます。

まずは何を勉強すべきか。

株式についての知識がゼロであるならば、株式投資に関する書籍を沢山読み漁るのがおすすめです。

じっくり読むというよりも、パラパラ本をめくる感覚で良いので広く浅く知識を蓄えましょう!

 

「本を読むのが苦手」なんだよ!

そういった方は、本屋に立ち寄って実際に本を手に取り、イラストの多い書籍を選ぶのが良いと思います。

 

今回はこちらの本をオススメします!

世界一やさしい 株の教科書 1年生(リンクは後日更新)

この本には、「株の実践」をする人にというよりも、「学問」として株式について学べる本になっています。

株式投資と初めて向き合う方に向けに書いている本なので、とても読みやすくなっています。

※テクニカルな本の紹介は別記事で紹介します。

 

どこまで勉強し、いつ実践すればいいのか。

これの答えは、「自分が実践したいと思うタイミングで始めたら良い」です。

ただし、未成年者が証券口座を開設する場合には、条件が必要になるので、自分1人の力で頑張りたいと思うのであれば、20歳を過ぎてからが良いでしょう。

 

メモ(20歳未満の方が口座開設するには)

親権者のうち1名の方は「登録親権者」として登録が必要です。

登録親権者は、総合取引口座の開設が必要です。

※楽天証券より引用

 

株式投資において、「どこまで勉強」したら良い。というゴールはありません。

投資歴10年20年30年の人であっても、常に勉強を続けながら、株式投資に向き合っています。投資を始めるからには、「継続的に勉強する」「株で損をしながら、なぜ今回の取引で失敗したのか、その原因を見つけ、学んでいく」覚悟が必要です。

 

初心者にはどの証券会社がいいのか。

大手ネット証券会社の中から選ぶのが良いかと思います。

僕は「楽天証券」「S B I証券」「マネックス証券」の3社開設しています。

いずれも、ネット証券会社です。

「手数料が安く」「スマートフォンアプリ経由で株式注文できる」のでおすすめです。

 

3社全て開設する必要はありませんが、上記3社とも無料で開設できます。

まずは、お好きな証券会社1社開設してみると良いでしょう。

1社でしたら楽天証券がおすすめです。

 

まとめ

株で成功するには、沢山の努力が必要です。

株式市場の世界は甘くはありませんし、投資で成功する道が最良とは限りません。大きく株で損をすることだってあります。

しかし、僕が株に興味を持ち始めたのも10代からでした。上達するには早いうちからたくさん経験を積んでおくべきだと思っています。リスク管理、運用技術などは経験なくして絶対に上達しません。

まずは、余裕資金を貯めてから、少額で株に触れてみるのが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

-未分類

© 2022 えだまめ 勝つ株ブログ Powered by AFFINGER5